会いたかったひと

d0126946_2114040.jpg

佐藤初女さんにお会いしました。

フォルツァ総曲輪での『地球交響曲 第二番』(初女さんが出演されている)の
上映と共に、講演会があり
行ってきました。

わたしが初女さんについて知っていたことは、
「東北のほうで、人を受け入れて ただ、料理をお出しして寄り添う」
そんなところを開いている、ということ。

その料理は、食材の声を聞いて、丁寧に作られている
ということ。

それだけだったのだけれど、
それだけでいつかお会いしてみたい人のひとりでした。

それが今日叶いました。


初女さんは若い頃胸を患い、その中で「食べること」の大切さに気づかれます。
そして自宅を開放して、訪れる人に手料理を作り、ありのままを受け入れ、
たくさんの人に寄り添ってこられました。

89歳になる初女さんは、
穏やかで、柔らかい印象で、賢く、楽しい方でした。

お話を聞いて
やっぱり、食は力強い
と思うひととき。

それも、暮らしと共にある食は強い。
うーん、今はまだ断片的な思いが頭にあるだけだけど、
やっぱりこっちに向かっていこう、って方向が見えた気がします。
[PR]
by otukichan | 2009-08-25 21:36 | 日々の、くらし。
<< mama cafe 夏の終わりのいちにち >>