本と出会う。

d0126946_16375954.jpg

d0126946_16375919.jpg

とても、本が好きです。

図書館の本、お気に入りの雑誌、好きな著者の本、料理本。
たぶん、"本"を開かない日はいち日も無いと言えると思う。

ずっと手元に置きたいと思える本との出会いは宝ものです^^

そんな本はどれも、そのとき、そのタイミングで出会わなければ響かなかったもの。

わたしにとって音楽や、匂いと同じようなもの。
開くと、"そのとき"を取り囲む空気や気持ちが蘇ってきます。
(違いは、場所を取る、ということ。。それがちょい切ない)


最近のいい出会いは『大地を守る手帖』でした。
これは「30年以上、有機農業にこだわり続ける"大地を守る会"のはじめてのコンセプトブック」だそうです。
内容はもちろん、本の姿もとても好きでした。

そして、ぱらっと開くだけで伝わるのは、この本を作ったのは"大地を守る会"のスタッフの方だけでなくて、会を支持する全てのお客さんなんじゃないかなということ。
なんとなく、会を取り巻く前向きな思いが伝わった気がしたのです。

そういう自分をも前向きにしてくれる「もの」との出会い。
ずっと手元に置いておきたいのは、本や物そのものではなく、そんな気持ち、なのかもしれないな。


余談ですが。。

"大地を守る会"の野菜のお試しセット、以前注文したことがあります。
とても美味しい野菜でした。
でも、今わたしがお世話になっているのは「みどり共同購入会」という、富山県の宅配グループです。

富山県内の農家や店舗を多く扱っていること、少ないスタッフの方が顔の見えるお仕事をされていること、地元でのイベントを企画されてどれも楽しそうなこと、カタログやコメントから誠意が伝わってくること、大事に作られたものが美味しいこと、地元の宅配に頼むことで配達にかかるエネルギーやコストを少しでも減らせること。
理由はたくさんあります。

もちろん、食べるもの全てを注文すると家計が苦しくなるので無理ですが^^;
会員になることが、選挙の一票のような役割にならないかなと思って。
支持が直接伝わるし、いい農家やお店を応援できるし、美味しいものは食べられるし、政治家に投票するよりよっぽど世の中がよくなる、と思うのはわたしだけでしょうか?
[PR]
by otukichan | 2010-01-22 16:37 | 日々の、くらし。
<< 林檎COBOパン 柿COBOピザ >>