『なんと.コトノハ』

わたしの好きなもの。

「大切にされてきた古いモノ」
「食べるということ」

そして、「言葉」。

本が好き、書くことも結構好き。
それは、いつも自分が心地いい言葉を探す、旅でもあるのだ。
だから心地よくない言葉には無関心


去年の夏、ある手作りの本に出会いました。

手作り本、リトルプレス、フリーペーパー。。
そういうものに目がないので頂いてきて(ご自由にお持ちくださいだったのだ)読んでみてびっくり。
かなり、ツボ、だったのです。

地元のディープな情報が詰まった1冊。
実はわたしの好きなものその④は何を隠そう、「ローカル」なのだ。

d0126946_1352747.jpg

あまりに感動したので、冬の号で一筆書かせていただきました。
読んで即、ラブコールを送っちゃったのです。
テーマはわたしがお手伝いしている「ちび・てら」です

ちなみに、
『なんと.コトノハ』の内容をわたしなりに表すと・・

ディープな大人のディープな南砺
直売所
シャルマダイニング
銭湯
手作りの向こうに透けて見える、作り手さん
お酒
愉快な大人たち
渓流壮
茶房さむでい
ごっつお
音楽・・・
こんな感じです、まろ編集長!笑

このキーワードにビビビときたあなた。
あなたも『なんと.コトノハ』にきっとハマるでしょう。

読んでみたい方は・・・在庫があれば読める、かも?アバウトで申し訳ない・・・
福野の茶房さむでいさんにも置いてあります♪よね?まろさん?
[PR]
by otukichan | 2011-02-11 14:31 | 手作業、あれこれ。
<< 誕生日 『ほのぼのマルシェ vol.2』 >>