誕生日

朝ご飯。
友達が届けてくれたパンを食べる。

予約で買えるパン。
瓶に生けたチューリップ。

ふと見ると、昨日の夜
「明日ママにプレゼントする」とみーちゃんが準備していた、ビニールに包まれた栗6個。
そしてようちゃんのものと思われる、ビニールの歯型。

これが誕生日の朝、わたしを迎えてくれたものたち。


パパからは「時間」をプレゼントしてもらいました。
数時間、ひとりっきりの時間。

どうしても観に行きたかった、映画を観て来ました。
ハーブ&ドロシー
d0126946_23484542.jpg

映画を観ながら思ったのは

ひとは、後先考えずやりたいことをやってもいいのかもしれない。
とか、
いくつかの決まりごとがあるほうが、自由を楽しめるってこともあるなぁ。
とか、
アートって個のものだと思っていたけど、人と人を繋ぐものだったんだなぁ。
とか、(これは以前チャコさんのレクチャーの時に感じたことだけど)

それから、感謝。

アートが好きで膨大なコレクションをしてきたハーブとドロシーの目線で
アートやアーティストを見られるということは、ものすごく有難いことだなぁ、
と感じたのです。
以前読んだ「展覧会をつくる―一枚の絵がここにくるまで」 でも同じ気持ちを抱きました。良かった1冊。

そしてなによりお二人のお人柄。
爽快!

素敵な映画でした^^
シネモンドでは今日12日からですが、3月5日からフォルツァ総曲輪でも上映されるようなので
興味のあるかたはぜひ。



久しぶりの一人の時間、一人の映画。
なんだか懐かしかったです。
好きな映画があるとひとりで来て、アフタヌーンティールームでお茶してた独身時代・・

子どもと居ないわたしって、普段より一音階低いのね~と思ったり。いろんなものが。

いろんなことを感じたひと時、いい時間でした。パパ、ありがとう。
[PR]
by otukichan | 2011-02-13 00:13 | 日々の、くらし。
<< ほのぼのマルシェ vol.2 『なんと.コトノハ』 >>